読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuichi0613's diary

yuichi0613の雑記、写真、日々の記録。

吉川市議選の14候補俯瞰をデジタル地図上で

こうした記事が掲載されたので、記念で。

 

毎日新聞2016年1月24日 地方版

政策比較:吉川市議選の14候補俯瞰をデジタル地図上で 渡辺・首都大学東京准教授ら作成 /埼玉 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160124/ddl/k11/040/080000c

 

有権者の判断に役立つ」

 24日に投開票される吉川市議選で、立候補者の政策などをデジタル地図上で比較できるサイト「吉川市政策マッピング」(http://manifesto.mapping.jp/yoshikawa/)を、首都大学東京の渡辺英徳准教授(ウェブアート)と同大卒業生の早川聖奈(せな)さん(23)らが作成した。立候補者29人のうち14人が参加しており、渡辺准教授は「候補者や政策を地図上で俯瞰(ふかん)できる視点はこれまでなかった。有権者の判断に役立つのではないか」と話している。

 今回のサイト作成は、昨春の統一地方選挙早稲田大学マニフェスト研究所(所長=北川正恭三重県知事)が始めた「マニフェストスイッチプロジェクト」の一環で、協力した吉川青年会議所が政策を収集。早川さんがデジタル地図と組み合わせ、候補者の顔写真をクリックすると、閲覧できるようにした。政策以外にも、政治家を志した理由や解決したい課題などが掲載されている。

 デジタル地図に情報を重ね合わせる手法は、渡辺准教授が戦争や災害などの記録を保存する取り組みを進める中で確立した。早川さんは、渡辺准教授と一緒に研究するメンバーで、「議員の活動状況を可視化すれば、若者が関心を持ちやすいのではないか」と考え、立候補者の政策マップをマニフェスト研究所に提案して採用された。今回は昨夏の神奈川県秦野市、同県海老名市の市議選に続く3例目になる。【岡礼子】