読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuichi0613's diary

yuichi0613の雑記、写真、日々の記録。

選挙アイデアソン、NHKニュースに掲載していただいた

ありがとうNHKさん

f:id:yuichi0613:20150211112549j:plain

 

取り急ぎ、消える前に残しておこう。

マニフェスト活用で選挙アイデアソン

2月11日 1時19分
マニフェスト活用で選挙アイデアソン

有権者が候補者を選ぶ際の判断材料として重要な役割を担うマニフェスト。このマニフェストを活用して、有権者の選挙や政治への関心を高めるためのアイデアを考える「選挙アイデアソン」が8日、東京都内で開かれました。

「選挙アイデアソン」は早稲田大学マニフェスト研究所が主催したもので、IT企業やNPOの関係者、地方議員など20人余りが参加しました。
この中では、マニフェストを分析することで、議員や候補者が具体的にどういった政策に力を入れているのかを分かりやすく見せたり、選挙の際に掲げたマニフェストが選挙後の4年間でどの程度まで実行されたのかを可視化したりするウェブサイトを作るといったアイデアが出されました。
また、議会の議事録やツイッターフェイスブックといったソーシャルメディアでの発言を議員ごとにデータ化し、選挙で投票した議員の情報が一目で分かるようにするなどのアイデアも出されていました。
早稲田大学マニフェスト研究所では、議員や候補者のマニフェストを統一フォーマットに整理したうえで、誰もが自由に利用できるオープンデータの形で公開する試みを進めています。
早稲田大学マニフェスト研究所の青木佑一さんは「マニフェストをオープンデータ化することで、ふだんから有権者が政治に関心を持ち、政策の内容で候補者を選んで投票に行くことができる仕組みをつくっていきたい」と話しています。
今回、出されたアイデアは、来月1日に開かれる「ハッカソン」と呼ばれるイベントで、実際にアプリやウェブサイトなどにすることにしていて、ことし4月に行われる統一地方選挙でも活用できるよう、専用の登録サイトに掲載する予定だということです。

 

※全文引用ですみません。